『伝え方が9割』が教えてくれた彼の「No」を「Yes」に変える3つのステップ

こんにちは、西なぎさです。

 

最近、仕事でもWebでも文章を書くことが多くなってきました。どうにかして文章をうまく書きたくて、書きたくて、毎日書いているんですけど、いつまでたってもうまくならないんです。量を重ねるだけではムリってことに気づいたので、コピーライティングということばの勉強を始めました。

なぎさ
コピーライティングって恋愛にめちゃくちゃ使えるんじゃね?!

ってことです(もちろん復縁にも)。コピーライティングは主に広告業界で「商品を魅力的にみせるテクニック」として使われています。そして、人を購買へと促します。コピーライティングを応用すれば、あなた自身やあなたの提案を魅力的にみせて、彼の気持ちを動かすこともできるのです!

 

本日は、2013年ビジネス書ランキング1位に輝いたベストセラー『伝え方が9割』から、彼の「No」を「Yes」に変える3つのステップお伝えします。

 

たとえば、あなたが冷却期間を終えて、彼とLINEで連絡をとっているとき。「デートしたい」と思うときがきたとします。そこで、どういう風な文面を送ったらよいのでしょうか?迷いますよね。

 

『伝え方が9割』の著者である佐々木さんは「No」を「Yes」に変えるテクニックとして3つのステップをあげています。

 

  • 自分の頭の中をそのままコトバにしない
  • 相手の頭の中を想像する
  • 相手のメリットと一致するお願いをつくる

 

さっそく、このステップを使ってみましょう。上の例の場合あなたの頭の中は「デートしたい」ですよね。それをそのままコトバにしてLINEにしたためるとこうなります。

 

なぎさ
デートしたいな

全然だめですね。これがだめだめなことは直感であなたにも分かると思います。なぜならば、「デートしたいな」はあなたの感情であり、あなたのメリットでしかないからです。

 

ここで佐々木さんのテクニックを用いてみましょう。

相手の頭の中を想像するです。

 

冷却期間には、彼の情報をとことん集めることが大事と言いましたね。その情報を書き出してみましょう。ここでは、わたしも一肌脱いで、元カレの例をあげるとしましょう。

 

なぎさが集めたひさしくんのデータ
  • 好きなこと
  • スポーツは、サッカーと野球が好き。最近はあまりできていない。
    映画鑑賞にもよく行く。好きな映画は『パコと魔法の絵本』、『おおかみ子どもの雨と雪』
    子どもが喜びそうな感動的な映画が好き(かわいいやつ)。

    • 現在の状況

    仕事は証券会社営業。平日には飲み会が多い典型的なサラリーマン。残業と飲み会で疲労がたまっている様子。土日祝は完全に休み。現在彼女なし。

     

    一通り、簡単に彼の情報を書き出せました。

    ここで、③相手のメリットと一致するお願いをつくる について考えてみます。

     

    平日、は忙しくてパスかも。だったら、平日の野球やサッカーの試合なんか誘っても来れないな。ハイ、これは消えた。ん?映画かぁ。これなら、ゆっくりできるし、平日の疲れも癒せるかもなぁ。最近『君の名は、』流行ってるし…これ彼の好みに合ってそう。

     

    そこで、こう送ります。

    なぎさ
    『パコと魔法の絵本』くらい感動できるって話題になっている映画のチケットもらったんだけど、見にいかない?

     

    これが、相手のメリットと一致するお願いをつくるです。「デートしたいな」の8倍くらいは、彼も「Yes!Yes!イエース!」と言いやすくなったんじゃないかと思います。なぜならば、後の文面だと、彼にもメリットがあるからです。単純ですね。

     

    同じ「デートしたい」でも、文面をちょっと工夫するだけで、彼の同意が出やすくなりますね。どんどん活用しちゃいましょう!

    コメントを残す